買い占め高額転売・・やっと動き始めたメルカリ。メルカリに以前私が削除された物。

ようやくメルカリが・・・

相変らず品薄のマスク。

夕方ドラッグストアに寄りましたがやはりマスクの棚は空っぽでお詫びの張り紙が。

こんな状況の中ネット通販やフリマアプリで高額マスクが大量に売られていることに憤りを感じていましたが、やはり同じく不快に思われている方は世の中大勢みえるようです。

ツイッターなどでも怒りの声が続々、ニュースでもマスク高額転売が問題視され取り上げられるようになったおかげかついにメルカリが重い腰をあげたようですね。

メルカリ通達文章

 

でもこの文章、メルカリのお知らせボタンを押さないと表示されないので気付かない人もいるかも。

もしかしたらメルカリ側の今回の規制は仕方なくといった感じなのでしょうか。

 

それでも場合によっては出品者を削除ということなので今後高額転売は減ると期待されます。

既に効果があったのか先程メルカリを開いたところ、高額マスクの出品はだいぶ少なくなっていたように感じました。

 

しかしながらまだまだ高額大量出品者はしぶとく存在しています。

 

そんな出品者に対して「メルカリの通知を知らないのか」、「この状況の中恥ずかしくないのか」、など直接怒りのコメントを入れている方もいるようです。

コメントだけでなく今回のメルカリ側の規制文章を転送している方もみえました。

 

それに対し出品者は無視、コメント削除、はたまた開き直り心無いコメントを返すといった対応。

 

TVでも取材を受けていた転売ヤーを見ました。

「需要があって高くても買う人がいるのだから別に問題ない、自分だって色々探し回って苦労して買い集めたんだし。それに自分はこうなることを予測してすぐに動いた。無くなる前に買わないほうが悪いと思う。」

と悪びれた様子もなく語っていました。

また別の転売ヤーは

「悪いと少しは思っているがそこに金が落ちていたら拾うしかないでしょっ、自分は今回100万くらい稼ぎましたね。」

といった感じでどこか得意気。

 

この人達に家族とか大切な人はいないのでしょうか。

もし自分の身内にそんなことをしてお金儲けしている人がいたら軽蔑というか…悲しいです。

 

まあ私がいくら訴えようとあの人達にはそんな考え通じないことと思いますが。

 

メルカリで私が削除された物

メルカリのシステムは私自身も利用させてもらっており画期的だと思います。

 

でも私はフリマアプリとはあくまで不要な物を必要な人に買ってもらうシステムだと思っていました。

本来捨ててしまおうと思っていた物が欲しい人に買ってもらえる・・・なんて素晴らしい、と。

 

でも私のような考えの人ばかりではないというのが現実。

 

今回のマスクのように「いかに安く買い高く売るか」という思考の人達もたくさん利用しているようです。

 

需要が多い物の価値が高くなるのはある程度仕方ないと思います。

でも高くしているのが転売目的の人達というのが悔しいし悲しい。

 

今回のマスクのように価値が高まり値段が高騰したとしても、その利益が一生懸命増産体制で頑張ってくれている方々に入るなら納得いきます。

でも人の弱みに付け込む人が儲かったと喜んでいるのがすごく嫌だなぁとどうしても思ってしまいます。

そんな人が「自分だってあちこち買い回りそれなりの時間と交通費をかけて努力した。」なんてもっともらしく言っているのを見て思わず「ばーか!」と呟いたのは私だけでしょうか。

 

とまたつい怒り沸騰してしまいました(^^;。

 

今回あまりにもひどい高額転売はメルカリ側が削除するということですが、私は今まで一度だけ出品削除をされたことがあります。

何を出品したのかというと子供が小学校で使うスクール水着

予備で買っておいて2回程ちょっと着ただけだったので出品したのですが、いつの間にか削除されていました。

 

スクール水着はたくさん出品されており売れている物も何点かあるのになぜ?とメルカリをやっている友人に相談したところ

「メルカリでスクール水着は未使用のみOKらしいよ。」

との回答。

 

どうやらスクール水着や制服の類をいかがわしい理由で購入したり、怪しいところに転売する人がいるらしいのです。

そうなんですね、そんな目的で買う人がいるなんて考えたこともなかった・・・びっくりでした。

 

だって私が出品したの、男の子用の水着。

性別は関係ないらしい・・・。

 

友人もスクール水着を出品し削除されたとのことですが、めげずに再出品し無事売れたとのこと。

ただその際コツがあるようです。

ポイントは商品名を「子供用水着」と入れる、だそうです。

 

「スクール水着」と入れるとメルカリ側のキーワードチェックにひっかかってしまうが、言葉を少し変えると削除されないらしいのです。

なるほど、それで同じスクール水着でも売れている人がいたのか。

 

再度確認すると確かに売れている商品名は「スクール水着」ではなくちょっとひねった商品名になっていました。

 

規制や削除に関しては明らかに法を犯していない限りはモラルや常識などが判断基準となるようです。

たくさんの価値観の中これはいい、これはダメなどの判断、線引きに関してはメルカリ側も正直悩ましいところらしく難しい部分であるのが現状のよう。

そう思うと企業側の苦労もわからなくもないですが・・・。

 

でも私の水着をあんなすぐに削除するんだったら悪質な高額転売にもっと厳しい目を向けて欲しい・・・。

とまたまたマスク転売に怒りがこみあげてきました(^^;。

 

どこまで広がるか不安は増すばかり

コロナウイルス感染者は日に日に増えていますね。

私の実家のある隣の市でも感染者の方が入院しているという噂を聞きましたが正確な情報なのかはわかりません。

 

でももうウイルスはもうどこに存在していてもおかしくない状況。

我が家では1番心配なのは電車通学の娘です。

 

マスクはあくまで予防の手段のひとつ。

不安ですができる限りの対策は取り入れこの状況が落ち着くのを待つしかありません。

 

どうかこれ以上被害が大きくなりませんように・・・。

NO IMAGE