エコキュート修理完了、費用は?そして知らなかったNG入浴剤

いよいよカウントダウン!

おはようございます(*^^*)

今週はまたかなり冷え込みが厳しくなりましたね。

今朝はカーテンを開けたら外は薄っすら雪景色でした。

 

共通テスト目前の娘は年末から体調を崩し気味です。

だいぶ回復し整ってきましたが今週は大事を取って毎朝学校まで車で送っています。

同じような生徒が多いのか学校付近は普段より車がいっぱい。

車から続々と降りてくるほとんどが3年生だと思われます。

オミクロンも猛威を振るい始めているので通勤ラッシュの電車通学はやはり不安に思う保護者も多いよう。

 

全員が体調万全で実力発揮できるよう祈るばかりです。

 

エコキュートの修理

先週から急に調子が悪かったエコキュート。

年明けすぐで連休もあったため業者さんも大変そうでしたが何とか今日来てもらえました。

 

機械部分については主人と一緒に説明を聞いたものの何となくしか理解できない私。

よくわからないけど要するにヒートポンプ部分と基盤がだいぶ傷んできているので交換ということらしいです(^^;。

特に使い方が悪かったと訳でもなく経年劣化によるものなので仕方ありません。

寿命は早かれ遅かれくるものです。

寿命については住んでいる地域の環境などにより変わってくるそうですが早いと7年で交換するケースもあるそうです。

 

ちなみに修理代は約5万でした。

部品保有期間

今回は部品交換で済みましたがあと5年~10年もすればエコキュート自体を取り換えなければいけないとのこと。

我が家が使用している型の部品は5年後には部品保有期間が終了しており壊れても修理不可だそうです。

電化製品でもそうですがこの部品保有期間が終了すると修理できないという仕組みは新しい物を購入させる戦略??

 

エコキュートの部品保有期間は経済産業省により最低8年と定められているようです。

エコキュートの寿命は一般的には10年~15年。

寿命についてはどこのメーカーでだいたい同じようです。

買い換え費用の相場は40万~60万。

 

そういえば我が家と同じ住宅メーカでほぼ同時期に家を建てた友人の家は7年目でエコキュートを買い換えたと言っていました。

10年目にして修理で済んだならまあまあ長持ちしているのかもですが数年後の買い替えは必然です。

いつ買い替えになってもいいように資金を心積もりしておかねば(-_-;)。

 

ローンも残っているし子供達の進学費用も今後はかかる一方だというのに家のメンテナンス費用が予想外にちょこちょこのしかかってきます。

ため息が出るばかりでありますが家を建て生活している以上仕方ない、必要経費と割り切るしかありません。

とりあえずエコキュートには最低でもあと5年は頑張って欲しいな。

エコキュートに入浴剤はNG?

今回の件で説明書を初めてじっくり読んだのですがエコキュートでの入浴剤使用はあまり推奨されてないのですね(^^;。

全然知らなかった・・・。

入浴剤の種類にもよりけりですが濁りタイプは特にNGだそうです。

にごりの元になる石灰カルシウムの成分が配管の詰まりの原因になりやすいようです。

硫黄やバスソルトなどの塩分が含まれた入浴剤も配管を痛めるためNG。

エコキュートのメーカーやタイプによっても違うようですが透明タイプのバスクリンはOKの場合が多いようです。

 

濁りタイプ・・ちょいちょい使ってました。

普段は透明タイプなんですが時々気が向くと使っていたバスクリンピュアスキン、ミルク色のにごり湯です。

エコキュートが不調になった時もちょうど愛用中でした。

よく見たらパッケージにもちゃんとにごりタイプと記載があるんですね。

ダメなのかぁ、気に入っていたので残念・・・。

 

ってか10年間知らなかったなんて。

説明書を読まなかった自分が悪いのでしょうがメーカーさんも教えてくれたら良かったのにとつい思ってしまいました。

(今更ではありますがこんなことはもはや常識で普通にみんな知ってたってこと?)

 

入浴剤を入れたがるのは家族で私だけ。

使うのが良くないならやめてもいいのですがやっぱり使いたい。

好きな香りに包まれお風呂に入るのは夜の楽しみの1つでもあり癒されます。

にごり湯タイプに至っては使用10年間特に問題なかったので使い続けたいところではありますがエコキュートが長く使えるよう今後は控えるつもりです。

 

 

ではでは今夜も冷え込むようなので皆様も暖かくしてお過ごしくださいませ(*^^*)。

NO IMAGE