2023年、スタート!地元は松潤で大騒ぎ

新年あけましておめでとうございます。

冬休みが終わりやっとパソコンが開けました(^^;

息子のお弁当作りも再開で私の2023年がようやく本格始動した感です。

地元が大フィーバー大河ドラマ「どうする家康」

昨日の地元ニュースでは今年の大河ドラマ「どうする家康」のPRイベントで家康の生まれ故郷、愛知県岡崎市に主役の松本潤さんらが来た話題で持ちきりでした。

<画像>:NHK大河ドラマ公式HP

私の実家、岡崎市です。

 

もちろん応募しましたが倍率196倍とやらであえなく落選・・・残念😢

有村架純さん、山田祐貴さん、他にも豪華ゲストでのイベントだつたので行きたかったなぁ。

(↑見慣れた岡崎城に松潤が~😝)

イベントのあった日は大河ドラマ初回放送日でした。

なかなか面白かったです。

家康もそうですが有村架純さん演じる正室築山殿もこれまでとは違う角度から描かれており今後の展開が楽しみです。

 

推し武将は断然家康の岡崎市民

最近はどうかわかりませんが岡崎っ子は小学校の授業で徳川家康を地元ヒーローとして強く教え込まれています。

私が小学生の時も大河で家康が主役だったことがあるのですがその時の宿題に「大河ドラマを見る」でした。

当時の私の担任は社会科専攻だったこともあり授業では家康をかなり深く探求した記憶があります。

家康ブームで盛り上がる2023年岡崎、期待しています♪

 

どうする今後の年賀状

去年はとにかく受験一色だった我が家。

今年はもう少しゆったりと過ごせるかなと思ったのですが年末に娘が体調を崩したこともあり結局バタバタと慌ただしく新年を迎えました。

毎年年末はギリギリまで年賀状を書いていましたがここ数年はその数も少しづつフェイドアウトへと向かっています。

去年今年はどうしようか迷った結果くれた人に返信する形式となってしまいました。

 

携帯電話が普及し今や一人一台スマホを持つ時代。

昔と違いいつでもすぐに連絡できるのです。

そんな中忙しい年末にあえてハガキを購入して年賀状を作る作業は大変で面倒です。

子供たちも友達との新年の挨拶はすべてLINE、年賀状は一枚も書いていません。

 

年末に年賀状をせっせと書くのはもはや昔の光景となりつつあるようです。

 

デジタル年賀に挑戦

それでも年賀状をもらうのはやはり嬉しいもの。

忙しい中わざわざ気持ちを込めて書いてくれた手書きの文字を見ると懐かしい顔が浮かびます。

届いた年賀状にはすぐに返信を書きました。

 

と同時にデジタル年賀にも初挑戦。

普段からやり取りのある親しい友人にお試しで送ってみました。

(友人用のデジタル年賀は別バージョンで家族の写真も載せて作成しました♪)

手書きの年賀状に比べると味気無さはありますが皆喜んですぐに返事をくれました。

 

デジタル年賀の無料アプリからスマホで作りましたがパソコンでの作業より楽で簡単でした。

そのまま年賀ハガキに印刷もできるので従来の年賀状もすぐにできます。

今後はデジタル年賀を主流としながら余裕があればハガキ年賀状を作成したいと思います。

 

年末年始は修行です

お正月は元旦は我が家でゆったり過ごし2日に主人の実家、3日に私の実家というのがここ数年のスタイルです。

実家両方近いので日帰りですが子供たちが小学生頃まで大晦日から二日までは強制的に主人の実家でした。

その頃を思えば格段に楽になったものの毎年年末年始が近づくと憂鬱な気分になります。

結婚して以来年末年始はいつの間にか苦痛の行事😅。

人間として成長するための修行・・・毎年そう自分に言い聞かせ毎年乗り越えてきました。

 

同じように感じているママ友も多いようで毎年12月に入ると

「今年も修行が始まるね・・・。」

はもはや恒例の合言葉。

 

そして修行を終えた五日頃、ようやく今年の正月も無事終わり新しい年がやってきたと思えます。

 

まだ未熟だった頃は修行のダメージが大きすぎ毎年正月明けは熱を出し寝込んでいました。

そんな私も最近は多少強くなったようです。

耐えるだけではなく言いたことはやんわり言い返し帰ってこられるようになりました(笑)。

 

今年もよろしくお願いします。

2022年は色々な意味で激動の年でした。

今年はどんな一年になるのでしょうか。

世界が平和で心穏やかに過ごせたらと願うばかりです。

 

ブログに関しては少しでも更新を増やすことがまずは目標です。(毎年言ってる?)

 

皆様にとっても良い一年となりますように。

 

本年もどうぞよろしくお願いいたします(*^^*)。

 

 

 

 

 

NO IMAGE