我が家の理想と現実

お引越し記念日

我が家を建ててからこの10月でまる8年になりました。

早いものですね。

小2だった娘が高校生、年中さんだった息子が中学生。
この8年、ただただ慌ただしく過ぎていったように思います。

 

家を建てる前はもちろん色々夢いっぱいでした。
でも家を建て始めてからはひたすら現実的で理想とは少しづつ離れていったような・・。

 

描いていたいたおしゃれなインテリアを揃える間もなく生活用品ばかりが雑然と増え、そしてリビングには全く予定していなかった愛犬ナツがくつろいでいる我が家の毎日(*^^*)。

 

日々何をどんな風に過ごしてきたのか思い出せないくらいバタバタと過ごしてきたように思います。

でもいつの間にやらあちこちに傷がついている柱や壁、床を見ているとそこにはちゃんと家族の歴史が刻まれてるんだなと感じます。

 

引っ越してすぐの頃はちょっとの傷がつくだけで気になって仕方なかったものです。

でもそのうち住んでれば傷がつくのは当たり前と開き直り細かいことは気にならなくなりました。
というかいちいち気にしてたら暮らしていけないのです。

 

傷や汚れも味にしていこう、そう自分に言い聞かせ今日までの8年でありました(^^;。

 

お部屋も成長

部屋の雰囲気も子供の成長とともに少しづつ変化してきました。

リビングからはおもちゃぬぐるみが姿を消し、現在目につくのははナツ愛用のものくらいです。

 

子供が小さくてもすっきりおしゃれに暮らしている方はたくさん見えるのでしょうが、私には無理。
そう思った私は子供が小さいうちは思いっきり子供中心の部屋でいいと割り切っていました。

 

でも子供達がそれぞれ自分の部屋で過ごす時間も増えてきた今、そろそろ私の好きなように模様替えしたいなと考え始めています。

急に雑誌やインスタでお見かけするような素敵な感じにはもちろんできませんが、少しづつ少しづつ。

 

そう考えると何だか急にワクワク♬

 

さあ、どんな感じに変えていこうかな。

 

でもその前に処分しなきゃな物がいっぱい・・・。

思い出とともになかなか捨てられない、残しておきたい物もたくさん眠っているこの家。

何を捨て何を残すべきか・・・。

まずはそこからですね。

 

理想のお家にはまだまだ時間たっぷりかかりそうな気配です(-_-;)。

 

 

 

 

 

 

NO IMAGE