真夏のお散歩、過酷です

ここ数日ナツはすねてます。

昨日も夕方からずっと不満そうに私を見つめていました。

夜寝る時は私が寝付くまで傍にいてくれるのに昨日は来てくれませんでした。

理由はちゃんとあります。

 

ママがお散歩に連れて行ってくれないから!

 

ごめんね・・・。

だって暑いの、暑すぎるんだもん。

それでも汗だくになって頑張っていたのよ。

でもこの間はママ、限界だったの。

倒れちゃうかと思った。

だってさ、ナツ、最近は帰り道はすぐ止まるでしょ。

ママの顔を可愛いお目目で見つめて抱っこって言うでしょ。

あの暑さの中、ちょっぴりおデブのナツを抱っこするとママはもうフラフラ。

ナツ、もしママがお散歩の途中で倒れたらどうする?

ちゃんと誰か呼びに行ってくれる?

 

ちょっとナツに語ってみました(^^;。

 

真夏のお散歩、トホホです

梅雨が明け台風が来たと思ったらいきなりの猛暑。

ここ最近は日が暮れても蒸し暑いですね。

普段お散歩は夕方3時半から4時くらいに行きます。

お散歩大好きナツの時間は毎日平均約1時間。

散歩から帰ると夕飯の支度です。

塾や習い事の日は早めに夕飯を済ませ送り迎え。

でも夏は日が暮れるまでは日差しが強く、アスファルトもまだ熱いので順番を変えます。

夕飯の支度を済ませてからお散歩です。

 

リズムを変えるとしばらくの期間戸惑うナツ。

お散歩の時間なのにどうして行かないのと私につきまといます。

洗濯物を畳むのを邪魔をし、スマホを見ようとするのも阻止。

トイレに入ればドアの外で待ち伏せ。

しかし私がエプロンを付けると諦めて大人しくなります。

今から食事の支度で忙しいということを理解しているようです。

部屋の隅でペチャンコになり、しょぼんとして私の行動をひたすら見ています。

そして私が動く度にいちいち見える場所に移動するナツ。(台所とリビングは柵で仕切ってあります)

 

なんて可愛いの(≧▽≦)。

 

待っててね、もう少し待っててね。

夕飯の支度を終え、さあ行こうと声を掛けるとめいっぱい喜びの表現をするナツ。

この気持ちに応えたくて毎日ママは頑張ってきました。

 

でもここ数日は本当に暑くて・・・。

ナツ自身も暑くてバテ気味になってしまい途中から歩かないんです。

歩いてもすぐ止まって抱っこのサイン。

普段は抱っこしてちょっと歩けば気がすむらしく、降ろすとまた歩き始めます。

でもここ数日は本当に歩かない。

喉が渇いた、疲れた、と何度も私をじっと見つめ作戦。

仕方なく抱っこして少し歩き、降ろしてちょっと歩いてすぐに止まるナツをまた抱っこ。

 

全然進まない・・・(-_-;)。

 

こちらも甘やかしすぎてはいけないと頑張るのですがそれ以上に粘るナツ。

そうこうしているうちに子供達の送り迎えになってしまうので結局最後はナツを抱えて猛ダッシュ。

家に着く頃にはナツも私も息を切らしゼイゼイ(-_-;)。

そんな毎日が続いていました。

 

そして先日、ついに限界が・・・。

ナツを抱え走っているうちに意識が少しもうろうと・・・。

頭の隅に

「犬の散歩途中、熱中症になった主婦が搬送されました」

のニュースがちらつきました。

(もし倒れたらナツはどんな行動を取るのだろうと考える自分はまだ大丈夫だろうとも思いましたが。)

 

汗だくでナツを抱えて走る私の姿、いろんな人に目撃されているらしいです。

知人やご近所さんに時々「この前も走ってたねえ」と笑われます。

(きっとすごい顔して走ってるんだろうな・・)

 

あの約束はどこへやら

家に着くと私の疲れは子供達へ投げつけられます。

「もぉ~、なんでママばっかりこんな汗だくなのー!」

「夏休みくらい散歩行けぇ~!」

「最初の約束と違うだろぉ~!」

 

そう、子供達(特に娘)はナツを家族として迎える時、確かに約束したのです。

 

「お世話は全部やるから!」

「散歩も毎日行く!」

「もう一生プレゼント要らないから!」

あるあるですよね、子供の涙目でのお願い・・・。

すぐに裏切られることは分かっていました。

期待はしていませんでした。

自分も子供の頃そうでした。

 

分かってはいましたがあまりにしんどいとその時の約束を持ち出し私の怒りは爆発します。

「だってナツがママがいいっ言うんだもん。」

子供達が時々行こうとしてはくれてるのは事実です。

でも肝心のナツがすっかり私になついてしまい、お散歩は私とじゃなきゃ嫌だと言うのです。

最初の頃は誰とでも喜んで散歩をしていたのに今や子供達が誘っても断固拒否。

たまに気が向いて行く気になっても、玄関を出て数歩でUターン。

やっぱりママがいいとしがみついてくるのです。(ほんとはちょっと嬉しいけど)

退屈なパパのお散歩

パパとはたまに行ってくれます。

しかしパパと行くお散歩、ナツにとっては不満だらけ。

人と触れ合うのが大好きなナツは私と一緒に寄り道をするのを何より楽しんでいます。

ご近所にも何か所か寄り道スポットがあり

「あらぁナツ君、きてくれたのね~。」

なんて言われあちこちで愛想を振りまくっています。

ところがパパと行くと誰にも会わず誰ともしゃべらず。

黙々と歩き、帰ってくる。

ママと行くお散歩はいくつかコースがあるのにパパのコースはただ一つ。

パパの決めたコースしか行ってくれません。

だからお散歩はママがいいのです。

 

ママが調子悪い、連れて行ってくれそうにないと悟った時だけ仕方なくパパと行くのです。

 

そしてこの数日、それが続いている。

夜になってもママは連れて行ってくれない・・。

もうしばらく休暇中

長くなりましたがそんな訳ですねているのです。

ごめんね、もう少しだけサボらせてね。

そしたらまた頑張るから。

もうしばらくお散歩はパパにお願いする予定です。

来週からまたボチボチ行こうかな。

また今日も夕方からせつない目で私を見るんだろうな。

「お散歩の時間だワン」
(精一杯のいい姿勢)

頼むナツ、あと少しだけママを休ませておくれ・・・。

 

無理は禁物、皆様もどうかご自愛くださいませ。

 

 

NO IMAGE